「フリーホラーゲーム」を主に、世の中にある怖いものをご紹介していくサイトです。
 ホラーマンガ、ホラーアニメなども紹介しています。

 他、「恐怖の花子さん」「悪魔少女ども」などの当サイトのオリジナルの創作物の紹介などもしております。
オカルト・ホラーソフトハウス[夢鳥-yumedori]

無料カウンター
2016/9 新設置
(ページビュー数)

 (更新日) ’17/ 7/29

「ホラー検証(その他)」更新




「恐怖の花子さん」
「赤いドレスの口裂け女」
「白いメリーさん」
「地獄探偵団」「悪魔少女ども」
ホラー検証
究極のホラーズ
絶賛!酷評?フリーホラーゲーム
「眠れる二重身」





 今回のレビューはノベルゲーム「さよならを教えて〜comment te dire adieu〜」です。伝説の電波系ホラー(エロ)ゲームですね。ずっとプレイしたかったゲームです。
 ただし、レビューするのはPC版ではなく、「あそBD」版。ブルーレイ機器で遊べるゲームです。

 このゲーム、価格が高騰(こうとう)し続けているんですね。アマゾンでの最低価格が2万円を超えてスゲーと思っていたら、半年もしない内4万円になっていたり。とにかく激変し続けている模様。
 自分は「あそBD版」を5000円で購入したんですが、PC版のダウンロード版もあり、2700円で購入できます。

 主人公は女子校の教育実習生。複数の生徒らと関わっていく中、毎晩見る悪夢におびえ、巣鴨睦月(すがもむつき)という女生徒が悪夢の中の「天使」なのではないかと妄想し、天使を犯す怪物が自分なのではないかと恐れ続ける。
 そして狂いは日に日に深まり、女生徒らを手にかけていく中、主人公はとある目的を見出していく……。

 独特なゲームでした。CGはずっと夕焼け色ですし。最初から主人公がどこか狂ってますし。
 シナリオは短めで、3〜5時間もあればクリアーできますね。しかも選択肢も複雑ではなく、テキトーに選んでいるだけでいいエンドまでたどり着ける感じです。

 恐怖度については、評価しにくいのですが、どっぷり世界観に浸かってプレイしている限りではなかなかに怖いです。
 グロ絵も用意されている事ですし。主人公の突然の破壊衝動(しょうどう)が怖いですね。
 ですが、ハナから現実的ではないので、殺しても犯しても、そこに現実的な破滅はなく、翌日はまた普通に訪れる。だから怖さはあまり引きずらない。

 ●出張で12月半ばまでいません

 また出張になりまして。8月の頭から、12月の半ばまで家を離れます。4ヶ月半ですね。
 この会社に入ってから4回目の出張なのでもう慣れたものですが、体調にだけは気をつけたいと思います。体力仕事なもので。体調を崩したら強制送還もありえるので。
 2回目の愛知県です。また名古屋で遊んできます。前回は食いそびれたものを、今回はしっかり食ってきたいと思っています。

 そういう事でサイトの更新は12月末までできません。すみません。なお、掲示板も壊れたままほったらかしになってしまいます。これもすみません。

 ●掲示板に関するお知らせ

 2月7日ごろに掲示板が突然リンク切れになりまして。
 調べてみると、掲示板を運営するナスカさんがサーバー攻撃を受けたとの事。復旧まで今しばらくお待ち下さい。(後日談: 復旧しないようなので、出張から帰って来たら、どこか別の新しい掲示板を設置する事にします)

>その他
さよならを教えて〜comment te dire adieu〜 ―― CRAFTWORK
 (PC版(2001年発売)定価 8800円)/あそBD版(2011年発売)定価 4300円/DL版(DLsiteにて) 2700円)
 ※PC版、あそBD版ともプレミア化。価格は常に変動。

 企画・原作 CRAFTWORK、長岡建蔵
 構成・脚本 石埜三千穂(いしの みちほ:男性)、長岡建蔵

 ホラー度:★★★★(女子校の教習実習生である主人公が、複数の女生徒らと関わる中、日に日に狂っていく。理解不能な部分が多め。唐突な破壊衝動により、時に女生徒らを手にかける。だが翌日には何事もなく生き返っていたりする)
 面白さ :★★★★(中盤以降はひたすら狂っていくだけで、理解しがたい部分が多め。しかしラストは★5。しっかりとした「答え」に好印象)
 難易度 :★★☆☆☆(テキトーに選択肢を選んでいるだけでエンドまで到達できる。物語的な難易度は「理解しようとすれば」かなり高難易度。理解できない部分は、聞き流しても問題はない)

 (あらすじ: 女子校の教育実習生の主人公。主人公は天使が怪物に犯される夢を見続ける。その天使は、女生徒の巣鴨 睦月(すがも むつき)なのか。複数の女生徒らと関わっていく中、主人公はどんどん狂いを表面化させていき、時に彼女らを殺したり犯したりする(だが、翌日にはなかった事になっていたりする事も多々ある)。後半、主人公はとある使命を見出していく)

 (一言: 伝説の電波系ホラー(エロ)ゲーム。絵は最初から最後までずっと夕焼け色。(妄想的な)エロやグロもあり。突然の破壊衝動が怖い。明らかに現実ではない世界で、主人公はどんどん狂い続ける。その果てが見所。プレイ時間は3〜5時間程度。選択肢は複数あり)

 ※レビューは「あそBD版」のものとなります。
 ※ウィキペディアでのこのゲームの記事内に、重要なネタバレが記載されているため、ゲーム開始前に見ると面白さが激減します。(ウィキはこれが多いのでホント勘弁……)

>前回の更新 (’17/ 6/12)

ドント・ブリーズ
 (2016年米国劇場公開/88分/原題 Don't Breathe)

 監督 フェデ・アルバレス(リメイク版「死霊のはらわた」)
 脚本 フェデ・アルバレス/ロド・サヤゲス
 製作 ゴースト・ハウス・ピクチャーズ/グッド・ピクチャーズ
 キャスト スティーヴン・ラング(盲目の老人)、ジェーン・レヴィ(ロッキー)、ディラン・ミネット(アレックス)

 ホラー度:★★★★(グロはなし。強盗に入った若者達を、元軍人の盲目の老人が返り討ちにする。ドアの施錠や窓の鉄格子により逃げ道がふさがれ、若者達は出口を探して逃げ惑う)
 面白さ :★★★★★(敵が盲目であるがゆえ、気配を悟られないように息を殺してやり過ごすスリル。盲目で無口、しかして優れた戦闘能力を持つ老人。そんな老人を出し抜いて大金を奪ったはいいが、家からそう簡単に脱出できない。次々と事が起こる、ストーリー展開が見事)

 (あらすじ: 過疎地域にある、とある老人宅に強盗に押し入る3人組。老人は盲目で、たやすく金が手に入るハズだった。しかし老人は軍人だった過去を持ち、なお家の中はセキュリティが配備されているばかりではなく、窓の全てに鉄格子がハメられており、出入り口には異様なほど錠が仕掛けられてあった。盲目の老人に仲間が一人殺され、場は狂っていく)

 (一言: 老人宅に強盗に押し入るという単純な話なのに、次々と展開が用意されていて飽きる事がない。後半のたたみかけもスゴイ。終わったかと思いきやまだ災難は続く。エンタメ性が高い。ホラー的には、いつ殺されるかわからないという緊迫感が主。老人の迫力(筋肉むきむきの圧倒感)が凄い。なお、老人が「盲目」というのがこの映画のキモ。息を殺してさえいれば、すぐ傍にいても見つからない。そういった独特の緊迫感を作り出している)-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

画像はアマゾンより

>前々回の更新 (’17/ 4/29)

●「エルム街の悪夢」シリーズ(1〜7)

★★「エルム街の悪夢」
 ホラー度:★★★★☆(ティナが天井を這い回りながら殺されるシーンが衝撃的。他にはベッドから大量の血が天井に降り注ぐなど、独創的なホラー描写が光る)
 面白さ :★★★★☆(眠ると(殺人鬼に)殺される、という不可思議さ。現実から夢に落ちる時、現実がゆがむ(ありえない事が起こる)描写も楽しい)

 ●「エルム街の悪夢2 フレディの復讐」
 ホラー度:★★★☆☆(殺し方に1作目のような派手さがない。フレディが主人公の身体の中から出て来るシーンはなかなかいい)
 面白さ :★★★☆☆(普通の学園生活が長め。主人公がやや面白味に欠けた。夢と現実のからみも少ない)

★★「エルム街の悪夢3 惨劇の館」
 ホラー度:★★★★☆(夢ならではの特殊な殺し(手足の筋を切られて操り人形にされたり)が生きている
 面白さ :★★★★★1作目のナンシーが成長した姿で登場。怖がるだけではなく、フレディに戦いを挑むのが燃える。ラスト、二つの展開が同時進行するのもいい)
 演出度 :★★★★★現実から夢に落ちる時など、魅力的な演出が数多い。派手に壁などを壊す演出も多め

 ★「エルム街の悪夢4 ザ・ドリームマスター最後の反撃」
 ホラー度:★★★★☆(全体的には★3。しかしデビーのむごい死に様が底上げ)
 面白さ :★★★★★容赦なく殺されまくり。主人公交代というのも凄い。アリスが力をつけていき、ラストも盛り上がる

 ●「エルム街の悪夢5 ザ・ドリームチャイルド」
 ホラー度:★★★☆☆(これといった見所がなかった
 面白さ :★★★☆☆(登場人物の個性が感じられず、彼らがフレディに襲われても感情移入ができなかった。次々に友人らが殺されていくという流れも普通すぎ。夢がからむ描写も、良かったのはマークのみ)

 ★「エルム街の悪夢6 ザ・ファイナルナイトメア」
 ホラー度:★★★☆☆(ギャグが強すぎてホラーがかすむ
 面白さ :★★★★☆(エンタメ映画として見れば面白い。もはやこれはホラー映画ではない。ラストの(かなり不要の)バカアイテムが場をぶち壊す
 ギャグ度:★★★★☆(殺しの前に、やたらとコミカルな場面がある。バカバカしくて笑えます)

 ●「エルム街の悪夢7 ザ・リアルナイトメア」
 ホラー度:★★★☆☆(ホラー的な見所に欠ける
 面白さ :★★★★☆(前半はダメだと思いましたが(映画の舞台裏とか、映画で見せられても…)、半はなかなか盛り上がりました---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------





<夢鳥-yumedori 制作 フリーソフト>

全て無料でお楽しみいただけます。画像をクリックすると、ゲームをダウンロードします。
ウチの看板ソフトは、「恐怖の花子さん」、「3ROOMS」、「悪魔少女ども」です。

「悪魔少女ども」  ※おどかしアリ
 (DLサイズ:17.7M)

 吉里吉里2/KAG3で制作。選択分岐型のホラー×エロ×ギャグノベルゲーム。
 全体的に軽いノリ。エロゲーじみた学園生活。しかし突如として悪魔が現れ、ビクーッ!…と。

 STORY
 朝、妹に起こされた。
 妹の名前は、ヨリコ。ヨリコはずいぶんとオレをしたっているようだ。
 まるでエロゲーのようだと思っていると、今度は何と美少女が「一緒に登校しよう」と言ってきたではないか。

 ……ここは夢か妄想の世界か。
 ヨリコが言うには、オレは脳梗塞(のうこうそく)になって一度倒れたらしいのだが……。
「3ROOMS―スリールームス ver 1.0
 (DLサイズ:14.5M)

 吉里吉里2/KAG3で制作した、選択分岐型のホラーノベルゲーム。
 エンドは全12。ホラー度は高めで、ゲーム難易度もそこそこ高め。

 STORY
 あなたは、目覚めると見知らぬ所にいました。辺りは真っ暗で、床はコンクリート製。傍にあったジッポライターの火を点けてみると、そこは真っ白な壁に囲まれた部屋の中でした。
 部屋にはドアが二枚あります。白いドア虹色のドア。どちらも開きません。
 ドアを叩いたり、声を上げたりしている内に、虹色のドアの向こう側から、か細い声が聞こえてきました。

 女の声です。あなたは、その声に聞き覚えがあるのでした……。
「地獄探偵団2」 ver 1.00 ※ギャグ。バカゲー
 (DLサイズ:20.2M)

 吉里吉里2/KAG3で制作した、選択分岐型のノベルゲーム。
 あまりにもくだらないギャグが満載なので、「バカノベル」の名を冠した作品となりました。(え?)
 ホラー度もおまけ程度にパワーアップしてます。たぶん。

 STORY
 平穏な日々が続いたかと思いきや、突如、地獄から現れた悪魔姉妹。彼女達の名前は、ジエラとビヌー。
 彼女達は並の悪魔ではなかった。地獄探偵部の連中は、以前地獄で彼女達と戦った事があり、敗北していたのだ……。
 改めて、地獄探偵部の白目、大魔王、ペンシルが立ち向かう。
 主人公であり?新入部員である(仮名)シンイリの意味不明でムダなギャグもさえわたり、場は混乱必至になる……!
「地獄探偵団(じごくたんていだん) ver 1.00 ※ギャグ。バカゲー
 (DLサイズ:7.5M)

 吉里吉里2/KAG3で制作した、選択分岐型のノベルゲーム。
 内容は、オカルト・ホラー&ギャグ。怖さはほとんどなく、ギャグ色が強くなっております。

 STORY
 気合いいっぱいで高校入学を迎えた僕。
 そこでいきなり声をかけてきた、可愛い子ちゃん。なんだろうと思って話を聞いてみたらなんと! ……その子は「ハルマゲドン」がどうこう、「光の戦士」がどうこうという、アブナイ子だったではありませんか!
 そっこう逃げるはいいものの、どうやら目をつけられてしまったらしく、その日の放課後に待ち伏せをくらう。
 可愛さにみとれているウチに、なんだかホレてしまっていた僕。
 で。その子がいるという、「探偵部」に顔を出してみようと思ったのが運のつき。
 そこに現れた2人の奇怪な男たち。……僕の運命は、いかに?
「恐怖の花子さん」 ver 2.00  ※おどかしアリ
 (DLサイズ:18.7M)

 学校の怪談「トイレの花子さん」を題材にした、ホラーノベルゲーム。
 吉里吉里2/KAG3で制作。数々のバッドエンドをかいくぐり、無事にエンディングを迎える事ができるでしょうか?

 STORY
 主人公は、小学三年生の叶恵(かなえ)。
 友達のメメちゃんが花子さんに殺されてしまった。その事をひきずっているウチに、いつしか叶恵も花子さんの事ばかり考えるようになってしまった。

 「花子さんに会いたい……?」
 そんな思いはつのり、いつしか呼ばれるように、そのトイレに足を運ばせるのだった……。
「恐怖の花子さん〜メメちゃん's story〜」 ver 1.00
 (DLサイズ:1.5M)

 ミニゲーム。「恐怖の花子さん」の番外編。主役はメメちゃん。トイレの花子さんに会いに行き、写真を撮って、クラスのみんなに見せるのが目的。やや明るめのストーリーです。
 このゲームは、キーボードで文字を直接打って進めていくゲームです。昔のアドベンチャーゲーム(かなり初期)は、そんな感じだったんです。


 関連リンク●文字入力型ADV制作ツール 「BLACK DIAMOND」さん
「―森の夢―異文」 ver 2.00
 (DLサイズ:5.5M)

 ツール「NScripter」で「―森の夢―異文」をリメイク。
 主人公キヨヒトは、彼女のあずさとともに、不思議な森の中に閉じ込められてしまった……。

 あまりキャラクター性のないゲームですが、自然の森の風景などを落ち着いて楽しんで下さい。そしてその不可思議な体験の先に何があるのか。ちょっとばかり大人向けかもしれません。



(↑)ウチのバナーです。どうぞお使いください。

著作権について

このサイト内の小説及び文章、その他の無断転載を禁じます。(一部抜粋、程度は可)
(と言うのも、以前、小説を丸ごと転載された事があったからです。そういうのはカンベンしてほしいのです)

また、このサイトでは様々な本の表紙及び絵などを画像表示しておりますが、必要最小限に留めているつもりです。
(プロでも、連絡のとれた方には許可をいただいているものもあります)

もし著作権者様がご覧になり、不快に感じられましたら、掲示板の方へ一言お願いいたします。